介護ソフトとはどんなものか?そのメリットは?

category01

介護制度を利用する為には介護保険が関係してきますが、それには保険料が絡んで来ますし、またサービス提供する側はそれを請求する事になりますがこの業務は医療保険の点数制度の様に複雑な計算が必要となります。


これは電卓での手動だったりExcelでの表計算だったりになりますが少しのミスで再度1からやり直しとなり非常に時間がかかる業務です。

あなたにオススメの介護のソフトについて紹介しています。

そうした業務の手間や時間を大幅に削減し、且つ正確でスピーディーにする事で介護そのものの質を向上させ利用者のサービスへの対費用効果を向上させる事がソフト導入の主な目的となって来ます。
現在代表的な物としてはASP型介護保険ソフトがあり、インターネット経由で利用者に保険料を請求する方法でパソコンさえあればどんな場所でも請求を行えて、また手間の掛かる利用者毎の更新作業や余分な設備の導入の必要がないのが大きなメリットです。


またこのソフトのその他のメリットは、全ての利用者の状態が一目で把握出来る様になる事で事務管理がより短時間且つ効率的になり、現場のスタッフの方々とも容易に連携が取れる様になるので現場の状態等もリアルタイムで確認出来る様になります。



それにより、現場からの状況報告や要望にも素早い対応且つサービスへの反映が可能になります。

現場の状況把握のタイムラグは現場のサービス向上の為の大きな課題と言え、ソフトの導入によりそれが解消される事は利用者とスタッフ双方にとって大きなメリットをもたらすのです。



ITについての考察

category02

介護ソフトは保険請求業務を中心として、日々の業務を軽減化してくれる非常に便利な存在です。だからこそ変更を考えるタイミングとしては、便利であるはずのそれが便利でないと感じた時が挙げられます。...

subpage

納得の情報

category02

公的な制度である介護保険ですが、事業所は主に利用者とその利用者が属する市町村、保険者に対して請求を行いますが、請求ソフトの導入で対応をするのが一般的です。このとき、市町村、保険者への請求は専用の伝送ソフトが存在するため問題にはあまりなりません。...

subpage

サポート情報

category03

どんな事業所でもあっても発生する事務業務は、一定の期間に集中して忙しくなったり複雑なため時間がかかり大変に手間のかかるものです。そこで介護ソフトを導入している事業も多くなっている傾向にあります。...

subpage

納得の事実

category04

公的介護保険制度は、在宅でケアプランを作成する事業を除いて、ほぼ全てにおいて利用者負担が求められますが、その請求に関する請求ソフトを導入して行うことが一般的です。このとき、請求だけでは無く領収についてもしっかりとなされ、指定された項目を記載した領収書が発行出来るようにしなければなりません。...

subpage