請求業務に人手の要らない介護ソフト

どんな事業所でもあっても発生する事務業務は、一定の期間に集中して忙しくなったり複雑なため時間がかかり大変に手間のかかるものです。

介護のソフトの情報を求める人におすすめです。

そこで介護ソフトを導入している事業も多くなっている傾向にあります。


介護ソフトは、介護における記録や国保連合会などへの請求などの煩雑な事務業務をサポートするシステムで、これを導入することで業務効率が向上するだけでなく、専任となる職員を確保する必要がなくなります。

このソフトは、提供するサービスごとに区分されており、サービス付高齢者向け賃貸住宅やデイサービス、訪問看護など事業所それぞれに合わせて用意されています。


国保連合会へのレセプト業務をはじめ、自己負担額の請求業務やスタッフの給与計算などの経理などのさまざまな機能が付いているのが特徴です。

導入の際には、自事業所に適切かどうかの確認も必要となるため、無料でお試し期間を設けているものを選ぶのが望ましいでしょう。

介護ソフトを提供している会社によっては、一ヶ月と長期のお試し期間のある会社もありますので、使い方と活用方法についてもじっくりと検討ができます。

検討の結果導入を決めた場合には、対象の会社に自事業所の規模や利用者数、事業所内のスタッフの人数などの詳細を連絡し、きちんとした見積もりを作成して貰うことが大切です。
一括や分割払いで購入する方法のほかにも、月額定額制の利用金額などと支払いや利用方法も会社によってさまざまです。



事務業務効率化のために自事業者のニーズに対応した最適な介護ソフトを選ぶことが重要です。